死亡したとき

被保険者(組合員)または被保険者(組合員)であった方がお亡くなりになられたとき

被保険者(組合員)または被保険者(組合員)であった方がお亡くなりになられた当時、その方によって生計を維持され、かつ、恒常的な年収が将来にわたって850万円未満である方(遺族に該当する方)がいる場合は、遺族厚生年金の受給権が発生しますので、遺族厚生年金請求の手続きをしてください。

お亡くなりになられた方が年金待機者(年金を受給していない方)であり、遺族厚生年金を受給できる方がいない場合は、共済組合から「年金待機者等死亡届書」を送付いたしますので、必要事項を記入し、押印のうえ、添付書類※1を添えて返送してください。

また、お亡くなりになられた方が年金受給権者であり、未払分の年金がある場合は、共済組合から「年金受給権消滅届書・支払未済給付請求書」を送付いたしますので、必要事項を記入し押印のうえ、添付書類※2を添えて返送してください。当該書類の提出により、生計を同一にしていた3親等内の親族に該当する方に後日未払分を送金いたします。

お亡くなりになられた年金受給権者に未払分の年金がない場合で、共済組合において住民基本台帳ネットワークシステムにより年金受給権者の死亡が確認できるときは、届出書類の提出を省略できます。  ただし、年金受給権者の方がお亡くなりになられたときは、年金の過払いが発生する可能性がありますので、電話等にて共済組合へご連絡いただきますようお願いします。

お亡くなりになられた場合の連絡先は、次の ( 1 ) 〜 ( 3 ) のいずれかとなります。該当する連絡先にすみやかにご連絡ください。

(1) 組合員の方がお亡くなりになられたとき
所属していた市町村役場または一部事務組合の共済事務担当者
(2) 年金待機者(すでに退職しているが年金は受けていない方)の方がお亡くなりになられたとき
最後にお勤めされていた市町村役場または一部事務組合が属していた共済組合
(3) 年金受給権者の方がお亡くなりになられたとき
最後にお勤めされていた市町村役場または一部事務組合が属していた共済組合
※1 「年金待機者等死亡届書」に必要な添付書類
  • 年金待機者等が亡くなったことを確認できる書類(戸籍謄本)
※2 「年金受給権消滅届書・支払未済給付請求書」に必要な添付書類
  • 亡くなった方の年金証書
  • 亡くなった方の戸籍抄本または原本証明された「死亡届」の写し(亡くなったことを証する書類)
  • 上記書類の他に、遺族がいないこと、亡くなった方と支払未済給付請求者の続柄を確認できる書類が必要となります(詳しくは共済組合にお問い合わせください。)。

ページトップへ  年金ガイドへ戻る

文字サイズ 拡大 文字サイズ 最適 文字サイズ 縮小