在職中・再就職したとき

老齢厚生年金の受給権者が厚生年金の被保険者等となって「賃金(報酬)+年金」の月額が一定の金額(65歳未満の者は28万円、65歳以上の者は46万円)を超える場合、年金の一部または全部が支給停止となります。

また、失業給付を受けている場合も年金額が調整されます。

70歳で厚生年金の被保険者の資格を喪失し、引き続き厚生年金適用事業所に勤務する者、議員も含まれます。

ページトップへ  年金ガイドへ戻る

文字サイズ 拡大 文字サイズ 最適 文字サイズ 縮小