障害の状態になったときの厚生年金

被保険者(組合員)が在職中の病気やケガによって、重度の障害の状態(障害等級が1級、2級又は3級)となったときに「障害厚生年金」が、障害等級が1級又は2級のときは国民年金から「障害基礎年金」が支給されます。

ページトップへ  年金ガイドへ戻る

文字サイズ 拡大 文字サイズ 最適 文字サイズ 縮小