65歳未満と65歳からの厚生年金

老齢基礎年金は65歳に達したときから支給されることになっており、また、老齢厚生年金も、原則として、65歳に達したときから支給されることになっています。しかし、一定の条件の下に65歳未満でも「特例による老齢厚生年金」が支給されます。

ページトップへ  年金ガイドへ戻る

文字サイズ 拡大 文字サイズ 最適 文字サイズ 縮小